曇り空の朝には。

総合音楽家の日記です。

秋元康的なやり方が蔓延するとどうなるか。

 

本内容は秋元康氏自体を腐すものではないと言っておきます。

まずそもそもAKBとかは興味なし!

 

ただ、90年代でいえば『オーマイコンブ』とか

りりかSOS(少女マンガ、アニメだけど)

などの秋元康作品に子供時代触れているわけで。

そしてなによりとんねるずを見て来たわけだから。

 

なので個人的には否定することはできないんですよね。

それじゃ本題。

 

 

秋元康的なやり方とは何か?

 先にあげた作品はまさに秋元康的な方法論で作られている。

つまり、それは

 

そのとき流行っているものを分析し、

解体し、再構成するというもの。

 

 

オーマイコンブはグルメ漫画からだし、

りりかは魔法少女モノから、

とんねるずのガラガラヘビはポンキッキーズからなわけです。

 

パクリだ!という人もいるでしょうが、

ただこれはものすごく経済的で利口なやり方なんですよ。

 

一からまともなコンテンツを作ろうとすると

ものすごく大変だし、リスキーなわけです。

大概のものは失敗するわけで。

 

 

ならば今何が流行ってるかを分析して、いいところを

摘んでいけば、まぁ大失敗ということはないよねってなるわけで。

(この手法にもそれ相応の技術、努力は必要でしょうけど)

ビジネスとしてはまぁ正しいですよね。

 

 

ただ、じゃあこういうやり方ばかりになるとどうなるか?

というか広まった結果、いまどうなっているのか?

という話になるわけで。

 

 

成功するかもわからないことを一生懸命やるのはアホだ。

真面目なヤツほどバカを見る。どうせ使い捨てだ。

という状況、風潮になっていますよね?

 

 

そうなると、純度の高いコンテンツ(一次創作物)は生まれづらくなって

結果、秋元康的なやり方をするための元ネタすら

なくなり、総倒れ。ということになるんじゃないかと。

まさにジレンマですよね。

 

みんな合理的にやっていきたいけども

合理的過ぎてもやっていけない

社会、文化は成り立たないっていう。

 

 

なんで皆さん、バカになろうよ。

楽しいよ、きっと。

 

文: ミウラ義幸