曇り空の朝には。

総合音楽家の日記です。

Dave Smith Instruments REV2が発表!! [ NAMM 2017観察記 ]

 Dave Smith Instrumentsによる、

アナログサウンド再評価の旗手のリメイク!

 

※著者はDSIのProphet12 module 所有。

  

NAMM 2017が始まってますね。

いつも思うけど、行きたいなって。絶対楽しいじゃん。

ネットを通じてここ数年、毎回いろいろ見てるけど必ず何かしらありますからね。 

ドイツの音楽雑誌?による演奏音声のみのデモ。これが一番わかりやすいかも。

 

そんなわけで、とりあえず気になったのはこのDSIによる"REV2"

REVというのは、Revision(改訂版、修正版などの意)から来てる。

どうやらProphet'08の新ヴァージョンらしい。

08も発売から10年ということで、最新技術で蘇らせるとのこと。

 

 

思えば08は、近年のアナログサウンド再評価において一翼を担った存在。

多くの音源、アーティストに使われてきたわけで、

上の動画でも名前が挙げられてるけど、

トム・ヨークレディオヘッドレディー・ガガやDeadmau5

ジェイムス・ブレイクピンクフロイドなどなどと豪華だ。(一部抜粋)

 

ホントにベテランから若手まで、

という感じで一時代築いたモダン・クラシックな一台。

 

自分も買うかどうか迷ったなー。結局、みんなに使われすぎてるからっていう中二的判断で買うことはなかったんだけども。P12もけっこういいっすよ。

   

 早速サンクラにデモがアップされてる!

やっぱ良いなー。06も出ましたけど、08系の方が現代的といえばそうなのかも。

 

 

08と違う点は大きくはフィルター。70年代80年代のアナログポリの主流である

カーティス・フィルターを搭載とのこと。

 

 

あとは16ポリってことか。

多いな!

 

08は8ポリということだったんで単純に2倍して16ポリなのかな。そんなに必要あるか?という意見もあるだろうけども、だけど同じ音を少しデチューンさせて厚みを出したり、違う音色を重ね合わせたり、違うシンセをスプリットで弾き分ける!

という感じで自由度が上がるんで、無駄にはならない!

あればあるだけ使い道はあります!

 

P12も12音で多いかな?って思ったけどいろいろ使い道あったし。

bi-timbral operationということで、レイヤー2つってことですかね。

8音+8音という解釈も出来ますね。

 

あとはPoly Step Sequencing!

64ステップになって、ステップ毎に6音鳴らせる?レイヤー毎にシーケンサー使い分けられる?モジュレーションにも使える?

しかもそれを4トラック×16ステップで各々使える?

わからん!

 

要はかなり自由度の高いシーケンサーということだ!と。

やっぱ使ってみないとわかんない部分もありますからねー。

 

気になった点はこんな感じですかね。要するにパワーアップ版ですね。早い話。あとUSB対応もユーティリティ的には重要な変更点。 

 

で、値段がどうなるか?ってことですよね。08はポリシンセとしては比較的手軽だからこそのヒットだろうし、値段も倍になったら・・・。

 

(22日追記)

海外の通販サイトで確認したら、定価で2199ドルでした。今のレートだと24万円ってところでしょうか。国内価格だともう少し上がるかも。うーん、まぁ妥当なところなんですかね。P6のおよそ半分。うーむ。(比較的)廉価ポリシンセ、という立ち位置は変わらない、ということでしょうね。

  

というわけで金さえあればいくらでも欲しくなるDSI製品。

REV2も買わない(買えない)だろうけど、楽しみではありますね。

 

 

studio One 3付属のMai Taiでプロフェット風のパッド音作り方について

動画にしてみたり。 

これで十分だよ!っていう酸っぱい葡萄理論で凌ぎます。

 

ではまた。 

 

 

文: ミウラ義幸