読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曇り空の朝には。

総合音楽家の日記です。

iZotope "10 Tips for Creating Better Mixes" の感想 [ Week 2: Balancing like a music lover, not like an engineer ]

“ミックス” “音楽制作”

 

iZotopeによる新春企画の二週目。かなり本質的な話が出てきます。

というか今、3週まで見ましたけど、たぶん全部基本的なことであり、

かつ実践するのは難しいヤツですよね。言うのは簡単だけどっていう、アレ。

 

 

youtu.be

 

さて二週目のビデオは、3番目の豆知識だけで構成されています。

 

 

既にタイトルに出てるように、

“エンジニア”ではなく、

“ミュージック・ラヴァー”として

バランスをとれ!

 

という内容でした。

 

一週目はMix前の下準備で、今週からいよいよ実際の作業に移るわけです。 

とりあえずプラグインを使わず、まずはザックリとしたラフミックスを施そう!という流れのようです。

 

バランスというのは、mixにおける各楽器の相対的大小関係です。

基本的にそれをどう設定するかは自由なわけだけども、

どうしても無難なバランスにしてしまいがち。

 

自分の好きなバランスでいいんだよ、聴いてかっこよければいいんだよ。

言うのは簡単だけども、そうやりつつもきちんとMixを成立させるのは難しい。

 

レヴェルメーターとかFFTメーターを見ながらといっても、

やっぱいろんな楽器ごとに特性が違うから、あてにならん部分もあるわけで。

最後はやっぱり自分の感覚を信じる!とならざるを得ないわけです。

というかメーター類は人間の感覚をそのまま反映した作りになってないし、最終的に聴くのは人間ですんで。

 

 

もちろんあまりに自分の好き勝手やるんじゃなくて曲を

どう解釈するんだっつうことが絡んでくるわけで、そこを含めてのって話だと思います。

 

というわけで、三週目の動画の感想も近々。

 

 

文: ミウラ義幸