曇り空の朝には。

総合音楽家の日記です。

Syntronik使用後レビュー!

Syntronikを使ってみての感想を簡単にまとめます。

率直に言えば、『使える』音源でヴィンテージシンセの"音"を直ぐに使いたい、という要望には答えてくれます。シンセでの音造りの側面は省略されていますが、モデリングによるフィルターで十分な"音の調整"は可能です。

 

全てのトラックがSyntronikによる一曲で、この音源の実力を表現できたと思います。初見による一曲ですが、スムーズにできました。

 

"DRIFT"の効果

サンプルベースの音源というのは、乱暴に言ってしまえば、録音した音を再生しているだけです。しかしながら、アナログシンセの揺らぎを再現するDRIFT技術によってサウンド、弾き心地はすごく自然でずっと弾いていられます。

サンプルベースの音源か、それともモデリングによるソフトシンセか、という議論は常にありますが、自然さで言えば十分で、ソフトシンセにも引けを取らないと思います。(音域的な制限はあるかと思いますが。)

今でこそ大容量サンプルによる綺麗なサウンドは当たり前ですが、音自体はキレイでもやはり弾いていると飽きるというか、つまらないということを個人的に感じてしまうんですが、そうしたサンプル音源の課題を克服しているように思います。 

 

あくまでライブラリ音源

ライブラリ音源というのはつまりあらかじめ用意された音を選んで使うというもので、細かい音作りは出来ません。フィルターや音量のエンヴェロープ等は用意されていますが、自分で動かせる範囲はそう広くはないということです。

しかし、とにかく『使える』音は多数用意されているので、それを直感で選んでガンガン弾いていく、というような音源になっています。 

 

シンセの『楽器』としての部分

というわけで、シンセで音作りを自分でしたいという人にとっては不満があるかもしれませんが、しかし、往年のシンセサイザー楽器としての部分はきちんとキャプチャーされており、即戦力だと思います。レスポンスがいいです。シンセを弾いてるという感じはすごく再現されていると思います。ここら辺はファジーな感覚なので説明は難しいですが。たぶん長く使える音源だと思います。

 

UIの細かい部分へ不満

MODO BASSは音にしても、UIにしても画期的でSyntronikもそこらへんを継承してくれるだろうなと思っていたんですが、UI上でいくつかの問題があるように感じます。

MODO BASSは、とにかくUIが良く出来ており使い心地がいいです。それに反して、Syntronikは少し使いづらい部分が見受けられます。

 

一番気になる部分はブラウザです。シンセを選ぶ欄が縦長なので、わざわざスクロールしないといけません。多くのシンセが一同を会す、というのがこの音源のコンセプトなのだから下の写真のような見やすい一覧による表示をするべきだと思います。 

f:id:miur-us:20170815010403p:plain

自分でコラージュしてみたんですが、こんな感じな方がスクロールしなくて済んで使いやすいと思うんですがねー。タブ形式のブラウザの方が結果的にマウスを動かす距離が少なくなると思うので。

 

あと音量を調整する際に、いちいちミキサー部分を開かないといけないのは、レイヤーを使うときには不便です。↓こういう風に表に出して欲しいです。

f:id:miur-us:20170814232246p:plain

レイヤーを使う際には、特に各レイヤーの音量を調整することが大事だと思うので、せめて、このレイヤー設定の画面では、自分が作ったこの画像のようにした方が使いやすいように思います。

 

音量がデカイ

これは自分で下げれば良いんですが、少し基本音量がでかいです。モデリング・フィルターも生生しいので、ウチの環境だとすぐ音割れしちゃいます。まぁ音量下げればいいんですけど。

 

プリセットが膨大(すぎる)!

良くも悪くもという感じです。収録されているシンセが多いので、音色を把握するだけでも時間と労力がかかります。なのでフィルターで欲しい音を検索していくという使い方が推奨されるのだと思います。でお気に入りにする、☆マークがあるので積極的にそれを使って、良さげな音をあらかじめピックアップしておくのが良いです。自分はお気に入りだけで200越えしましたけどね。でもそれだけ使える音は多いということでもあります。

 

まとめ!

というわけで、2週間以上使ってみての感想をまとめてみました。不満も書きましたが、何度もいいますが『使える』音源です。弾いててドンドンフレーズが出てきます。これらのシンセを実機で集めるとなると相当大変だと思うので、ひとつの解答になっていると思います。これをつかって、いろいろカバーやってみたりして遊んでいるんですが楽しいです。マイコーの"Off The Wall"なんかもやってるんですが、やっぱ良いですよ。往年の名曲のサウンドを得るには、うってつけだと思います。と同時に現代の音楽にも十分使える音があるので、ドンドン活用していきたいと思います!

 

文 : ミウラ義幸